〈新刊案内〉

書誌・出版史・書物メディア史のシリーズ * 文圃文献類従 74 * 

 

  

『東亜新報』関係資料集

 

―日本占領下華北の日本語新聞とジャーナリスト

 

編・解題神谷 昌史  【全二・別巻】[復刻版]


 

東亜新報』がどのような新聞で、どのような人物達が作り上げていたのかをいきいきと浮かび上がらせる記録であり、日本占領下華北のジャーナリスト達の姿を今に伝えるドキュメント。

 

東亜新報』は日本国内の研究機関・図書館での所蔵が非常に少なく、まとまった形で閲覧することが困難である。同紙は戦時下の中国で刊行されていたため、日本の古書店等で入手できる機会も稀である。そのため研究は立ち遅れており、研究書等で言及されている場合も紙面に当たっていることは多くない。

 

とりわけ本書に収録した3冊は同紙を知るうえでの基礎的資料であり、入手が困難となっている3冊を今回復刻した意義は大きい。

 

「外地」や「北支」の一側面、そこで発行されていた日本語新聞をとりまく状況、戦時下のジャーナリスト達の様相、などを今に知らしめる資料。

 


 

 【第一回配本】201911

 

第一巻(B6、約220頁、ISBN:978-4-909680-59-417,000

 

『東亜新報おぼえがき―戦中・華北の新聞記者の記録』(東亜会、1984年)

 

 

別巻(A5、約200頁、ISBN:978-4-909680-61-715,000

 

冷夢庵『我が生涯』(高木冨五郎、1963年)・解題、総目次

 

 

 

【第二回配本】

 

第二巻(B6、約180頁、ISBN:978-4-909680-59-016,000

 

『新聞人・徳光衣城』(東亜会有志、1969年)


 

編・解題―神谷昌史

 

造  本―B6上製/A5並製(別冊)総約550p

 

揃  価―48,000円(配本毎分売可) 


Copyright © 2018 http://kanazawa-bumpo-kaku.jimdo.com/ All Rights Reserved.