刊行延期のお知らせ

 

下記の書籍につきまして、刊行を延期させていただきます。

 

『書評の書誌 昭和戦後後期―児童文学・スポーツ芸術編』

 

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦のほど、お願い申し上げます。

 


〈新刊案内〉

『新聞及新聞記者』

—大正期のジャーナリズム/ジャーナリスト/新聞産業

全十六巻・別冊

監修・解題―土屋礼子 

【第一回配本】2021年3月 ISBN978-4-910363-25-7 36,000円

第一巻(A5、374頁)

1巻1号(1号)~2巻2号(5号)(1920年10月~21年2月)

第二巻(A5、442頁)

2巻3号(6号)~2巻8号(11号)(1921年3~8月)

別冊(A5、108頁)ISBN978-4-910363-31-8 (別冊のみ分売可2,000円)

推薦文・解題・総目次・執筆者名索引

 

【第二回配本】2021年9月 ISBN978-4-910363-26-4 36,000円

第三巻(A5、482頁)

2巻9号(12号)~3巻2号(16号)(1921年10月~22年2月)

第四巻(A5、459頁)

3巻3号(17号)~3巻5号(19号)(1922年3~6月)

 

【第三回配本】2022年3月 ISBN978-4-910363-27-1 54,000円

第五巻(A5、476頁)

3巻6号(20号)~4巻1号(25号)(1922年8月~23年1月)

第六巻(A5、450頁)

4巻2号(26号)~4巻7号(31号)(1923年2~7月)

第七巻(A5、442頁)

増刊号、4巻8号(32号)~4巻10号(34号)(1923年8~11月)

 

【第四回配本】2022年9月 ISBN978-4-910363-28-8 54,000円

第八巻(B5、354頁)

5巻1号(35号)~5巻14号(48号)(1924年1月1日~7月15日)

第九巻(A5、428頁)

5巻15号(49号)~5巻20号(54号)(1924年8月15日~11月1日)

第十巻(A5、398頁)

5巻21号(55号)~6巻4号(60号)(1924年11月15日~25年2月15日)

 

【第五回配本】2023年3月 ISBN978-4-910363-29-5 36,000円

第十一巻(A5、440頁)

6巻5号(61号)~6巻12号(68号)(1925年3月1日~6月15日

第十二巻(A5、484頁)

6巻13号(69号)~6巻20号(76号)(1925年7月1日~11月1日)1

第十三巻(A5、474頁)

6巻21号(77号)~7巻4号(82号)(1925年11月15日~26年2月15日)

 

【第六回配本】2023年9月 ISBN978-4-910363-30-1 54,000円

第十四巻(A5、444頁)

7巻5号(83号)~7巻11号(89号)(1926年3月1日~6月1日)

第十五巻(A5、418頁)

7巻12号(90号)~7巻17号(95号)(1926年6月15日~9月15日)

第十六巻(A5、486頁)

7巻18号(96号)、7巻19号(97号)(1926年10~12月)

 

監修・解題―土屋礼子(早稲田大学)

推   薦―河崎吉紀(同志社大学社会学部メディア学科教授)

造   本―A5/B5判(八巻のみ)並製・総約7,000頁

揃   価―286,000円(配本毎分売可)

〈新刊案内〉

戦前期「外地」雑誌・新聞総覧(二)

—「東亜」・「南洋」・「大東亜」の言論界

全九巻・別冊

編・解題―島田大輔 

【第一回配本】2021年2月 ISBN978-4-910363-17-2 67,000円

第一巻「東亜」①(B6、322頁)

1『支那ニ於ケル新聞紙ニ関スル調査(大正三年七月印刷)』(外務省政務局、1914年)

2『支那ニ於ケル新聞紙ニ関スル調査(大正七年五月印刷)』(外務省政務局、1918年)

3『支那ニ於ケル新聞紙ニ関スル調査(大正八年九月印刷、大正七年末調査)』(外務省政務局、

 1919年)

4『新聞政策ニ関スル新計画案(未定稿)』(外務省政務局第一課、1919年)

第二巻「東亜」②(B6、466頁)

5『支那(附香港浦潮)ニ於ケル新聞及通信ニ関スル調査(大正十年七月調査)』(外務省情報部

 編、1921年)

6『支那(附香港)ニ於ケル新聞及通信ニ関スル調査(大正十三年五月六日)』(外務省情報部編、

 〔1924年〕)

第三巻「東亜」③(B6、260頁)

7『外国に於ける新聞(上巻)亜細亜の部(昭和四年版)』(外務省情報部、1929年)

8『支那に於ける内外通信社の組織及活動(昭和四年九月)』(外務省情報部、1929年)

別冊(A5、約100頁)ISBN978-4-910363-20-2 (別冊のみ分売可3,000円)

解題、総目次、「外地」雑誌・新聞名タイトル索引

 

【第二回配本】2021年8月 ISBN978-4-910363-18-9 62,000円

第四巻「東亜」④(B6、304頁)

9  『南支那ニ於ケル新聞紙ニ関スル調査(大正四年十二月)』(台湾銀行総務部調査課編、1915

    年)

10『支那新聞一覧表 附.北京上海通信社』(満鉄北京公所研究室、1926年)

11『上海を中心とする新聞雑誌及通信機関(満鉄調査資料第54編)』(南満洲鉄道株式会社庶務部

    調査課編 〔大連〕、1926年)

12『支那ニ於ケル言論機関一覧表』(南満洲鉄道株式会社北京公所研究室編、1929年)

13『支那ニ於ケル新聞紙一覧表(昭和十六年三月二十五日)』(興亜院政務部、1941年)

第五巻「東亜」⑤(B6、412頁)

14-1『戦時支那ニ於ケル文化動向(上事資料通報第五)昭和十三年十月』(上海事務所調査課編

    (満鉄上海事務所編)1938年)

14-2『戦時支那ニ於ケル文化動向 第二篇(上事資料通報第七号)昭和十四年一月現在』(上海事

    務所調査課編(満鉄上海事務所編)1939年)

15   『香港ニ於ケル新聞事業「綜合資料」(昭和十四年八月十五日)』(調査部資料課、1939年)

16   『華北ニ於ケル新聞雑誌、通信社調査(調査所調査資料第一一八号(文化第七号))昭和十六

   年四月二十三日』(興亜院華北連絡部、1941年)

17   『上海に於ける雑誌の調査(昭和十八年五月)』(東亜同文書院大学東亜研究部、1943年)

第六巻「東亜」⑥(B6、224頁)

18『支那に於ける新聞発達小史(『経済資料』第13巻第3号附録)』(南満洲鉄道東亜経済調査 

    局、1927年)

19「支那新聞論」(工藤貞雄『支那研究』8号、大阪外国語学校支那研究会、1934年)

20「北支新聞・通信界の解剖―北支新聞・通信事業の過去・現在・将来」大屋久寿雄『国際パンフ 

   レット通信』1085号(国際パンフレット通信部、1938年)

 

【第三回配本】2022年2月 ISBN978-4-910363-19-6 60,000円

第七巻「南洋」①・「大東亜」①(B6、270頁)

21『大東亞新聞要覧(日、満、支ヲ除ク)昭和十七年』(外務省調査部資料室、1942年)

第八巻「南洋」②・「大東亜」②(B6、256頁)

22『蘭印に於ける華僑の新聞事業(翻訳)』(クウエー・クエ・ベン、堀野雅昭訳、東亜研究所、

    1940年)

23『南洋華僑新聞に関する一調査(『東亜研究所報』第十一号別刷)昭和十六年八月』(月村市

    郎、東亜研究所、1941年)

24「南方新聞界の現勢」(『国際文化』27号、国際文化振興会、1943年9月)

25『大東亜新聞大会議事録』(日本新聞会編、〔1943年〕)

第九巻「東亜」⑦・「南洋」③・「大東亜」③(B6、372頁)

26『関東庁管内定期刊行物調(昭和三年十二月末日現在)』(警務局高等警察課、1928年)

27『関係新聞調査(昭和四年七月現在)』(外務省情報部第三課、1929年)

28『管内定期出版物発行部数調(昭和五年十二月現在)』(関東庁警務局、1930年)

29『関係新聞ニ関スル定期報告書』(奉天総領事館、1930年)

30『管内新聞、通信調査』(新京日本総領事館、1935年)

31『満洲国外発行新聞購読状況調査表』(哈爾濱総領事館、1935年)

32『定期刊行物調(昭和十一年十二月末現在)』(新京日本総領事館、1937年)

33『上海新聞界現況』(上海内務書記官、1938年)

34『南支抗日新聞雑誌ノ現情(昭和十三年九月)』(中支派遣軍報道部、1938年)

35『上海出版事業概況(昭和十七年五月三十日現在)』(国民政府宣伝部、中華民国日本大使館

       訳、1942年)

36『在フィリピン刊行物調査報告書』(フィリピン帝国大使館、1944年)

監修・解題―島田大輔(早稲田大学)

推   薦―大橋毅彦(関西学院大学文学部教授)

造   本―B6上製・総約3,000頁

揃   価―189,000円(配本毎分売可)


〈新刊案内〉

外地「いのち」の資料集(四)―「台湾総督府医院年報」

全六巻・別冊

編・解題―鈴木哲造 

 【第一回配本】2021年2月 ISBN978-4-910363-21-9 配本揃価20,000円

第一巻(A5、148頁)

『台北医院第一年報告(明治三十年度自一月仝三十一年度至三月)』第1回

(台北県台北医院、1898年)

第二巻(B5、108頁)

『台湾総督府台北医院第七回年報』(台湾総督府台北医院、1904年)

別冊(A5、48頁)ISBN978-4-910363-24-0 (別冊のみ分売可1,000円)

*解題・総目次

 

【第二回配本】2021年8月 ISBN978-4-910363-22-6 配本揃価32,000円

第三巻(B5、310頁)

『台湾総督府台北医院第十二回年報(明治四十一年)』(台湾総督府台北医院、1909年)

第四巻(B5、316頁)

『台湾総督府台北医院第十七回年報(大正二年)』(台湾総督府台北医院、1914年)

 

【第三回配本】2022年2月 ISBN978-4-910363-23-3 配本揃価28,000円

第五巻(B5、312頁)

『台北医院第二十二回年報(大正七年)』(台湾総督府台北医院、1919年)

第六巻(B5、172頁)

『台北医院第三十七回年報(昭和八年)』(台北医院、1934年)

編・解題―鈴木 哲造(中京大学社会科学研究所)

造  本―A5/B5判並製・総約1,400頁

揃  価―80,000円(配本毎分売可)


〈刊行案内〉

「若い根っこ」の生活記録―高度成長期の勤労青年サークル

【単行本編】全四巻

【雑誌『若い根っこ』編】全五巻・別冊

著者―加藤日出男 編・解題―阪本博志 

高度成長期当時、都市に流入した勤労青年たちによって、数多くのサークルがつくられた。

そのなかで会員数3万2000人を擁し最大規模を誇ったのが、加藤日出男(1929~2019)が1959年11月20日に結成し終生会長を務めた、「若い根っこの会」である。

 

『「若い根っこ」の生活記録―高度成長期の勤労青年サークル』では、

①〈単行本編〉として、入手困難で図書館の所蔵も限られている加藤の初期著作を精選復刻

会の沿革やその模様を知ることができるのみならず、未組織の勤労青年たちの生活や活動を記録したものとしても貴重。

 

②〈雑誌編〉では、1960年代前半の同会機関誌『若い根っこ』を復刻

所蔵する機関(図書館・研究所)のない同誌は、同会を知ることにとどまらず、高度成長期の勤労青年を知るうえできわめて重要な文献。

 

高度成長期の青年サークルの一級資料であることはむろん、

勤労青年ひいては高度成長期を探究するうえで不可欠の文献資料。


 <刊行案内>

 中央盲人福祉協会機関誌

―昭和戦前期 視覚障害者全国組織のあゆみ

全七巻・別冊

 

編・解題―新藤透(國學院大學)野口武悟(専修大学)

推薦―岸博実(日本盲教育史研究会事務局長)

危機の時代における視覚障害者たちの経験をたどる

 

中央盲人福祉協会(会長・渋沢栄一、副会長・大久保利武/新渡戸稲造)は、1929年日本で初めて設立された「盲人」の全国組織であった。

機関誌『中央盲人福祉協会会誌』(1934~1944年)には、失明軍人対策、盲人保護事業、戦時体制下の翼賛動員、トラホームや近視の予防と治療、弱視教育の必要や盲教育義務化の主張、盲導犬や読本器(トーキングブック)に関する新機軸など、視覚障害者をめぐる多面的な記事が一貫して掲載され続けた。

本書では上記機関誌の創刊号から終刊号を完全収録、さらに閲覧困難で資料所蔵さえ未確認であった戦前期から戦時下にわたる視覚障害者全国組織の活動を伝える小冊子・リーフレット・ポスターまでをアーカイブする。

近・現代の「盲人」たちがどのように生き、社会とどのように交わってきたかを探るうえで、欠かせない第一級資料を本分野第一人者・岸博実氏の協力を得て一挙に復刻する待望にしてはじめての試み!


Copyright © 2021 http://kanazawa-bumpo-kaku.jimdo.com/ All Rights Reserved.