□  戦 時 期 文 化 史 資 料  □ 

 

『音楽文化新聞』

 

194111月アジア太平洋戦争開戦の直前、

音楽新体制運動の産物として、日本音楽文化協会は設立された。

それは戦時下の音楽界を一元的に組織する、日本音楽史上、類を見ない組織であった。

その機関誌である本紙は、高い価値を持つ基本資料であり、「戦う音楽界」の記録である。

創刊より70年を経て、後継誌である『音楽文化協会会報』と共に復刻、通覧可能となる。

 

➢当時の社会状況を的確に捉えた記事が中心のまさに「新聞」としての役割を担っていたため、音楽界をめぐる動向が、その社会的背景を含めて臨場感をもって把握可能。

➢洋楽(クラシック音楽)全般の動向の他、大衆歌謡や厚生音楽運動、邦楽、ラジオ放送、レコード業界、舞踊界などの「音」 に関わる文化領域を見通すことの出来る誌面。

➢新たに「著者名」「人名」「曲名」「演奏会等イベントタイトル名」の四方面より検索できる索引を作成。

 

          カタログ見本
          カタログ見本

【全巻】収録内容

 

【第1巻】288

『音楽文化新聞』120 19411220日~42710日)

 

 【第2巻】288

『音楽文化新聞』2138 1942720日~4321日) 

 

【第3巻】280

『音楽文化新聞』3960 1943210日~43920日)

『日本音楽文化協会会報』111

1944315日~4511日)

 

 

  【別巻】 約300

 戸ノ下達也/洋楽文化史研究会編

『「戦う音楽界」―『音楽文化新聞』とその時代』

  一. 解題「出版統制と音楽雑誌―『音楽文化新聞』『音楽文化協会会報』の時代―」

  二. 論文集

  三. 総目次、著者名索引、人名索引、曲名索引、 イベント名索引

 

編・解題戸ノ下 達也

原本監修―日本音楽文化協会

原本発行―音楽之友社→日本音楽文化協会

原本提供―日本近代音楽館(現明治学院大学図書館付属日本近代音楽館)

造  本B5A5・上製函・総約1,156

配  本―第一回:201111月……13巻 ISBN9784907789-82-4

     第二回:20123月 ……別巻 ISBN9784907789-83-1 

揃  価85,000円(配本毎分売可)各巻25,000円、別巻10,000