*文圃文献類従 28*  『貸本関係資料集成―戦後大衆の読書装置』別巻六

『貸本関係文献書誌』

 

長年、貸本業の傍ら営々と文献収集に努めてきた大竹正春、

図書館での豊富な経験をもち、書誌作成の練達人である藤島隆、

この二人の手になる本書は、まさに編纂に人を得たからこその達成。

 

 

 一、多数の収載点数……

当該分野のツールとしては、空前にして絶後な質量。明治期から現在までの単行書、単行書収載の論文・記事、紀要・雑誌収載の論文・記事、新聞記事・新聞広告などを網羅する。

二、「索引」の工夫……

タイトル表記中にある人名、機関名、貸本屋名をも索引語として採録、多面的な検索が可能に。

三、「抄録」という行き届いた配慮……

タイトルだけでは内容が把握しにくい文献、掲載の媒体が閲覧困難な記事については、その要点を引用することによって文献内容を示唆。

四、視野はこの列島のみに留まらず、英国の貸本関係文献「English Circulating  Library -- Bibliography」(清水一嘉編)をも付載する。

 

『貸本関係文献書誌』内容見本
『貸本関係文献書誌』内容見本.pdf
PDFファイル 3.5 MB

収録内容……

「貸本関係文献目録」1872~2010年

「English Circulating Library -- Bibliography」(清水一嘉編)

採録誌名一覧/人・機関・貸本店名索引

 

共   編―大竹正春・藤島隆

造   本―A5・上製函 総550頁

価   格―25,000円 ISBN978-4907236-10-6

刊行時期―2013年10月