*文圃文献類従 55*

 

明治期書店文書

―信州・高美書店の近代(出版流通メディア資料集成(五))

 

 編・解題……和田 敦彦・柿本 真代・河内 聡子・新藤 雄介・

        田中 祐介・中野 綾子・西尾 泰貴・森山 祐子

 

書籍や雑誌、そして新聞といった書物を販売、流通させる機関が

どのように成立し、変化してきたのか? 

 

書物が読者に届く流れが近世から近代にかけて

どう引き継がれ、断絶し、広がり、変化していくのか?

 

出版社や書店の近代における変化は、

何より書物の販売領域の拡大・広域化と、

そこで流れる書物の速度・量の急増に特徴付けられる。

 

 

本書は、高美書店(長野県松本市)に残された

明治期の書物引に関連する資料を分類し集成。

 

書物と読者とのつながりがいかに生まれ、変化してきたか。

書物を通していったい彼らが何と何を結びつけたのか。

 

結びつけた地域や人々に、何をもたらし、それらをどう変えていったのか。

【第一回配本】2017年 4月刊 978-4-907236-66-3   

一巻 406

*総論

 Ⅰ 『公私雑録』

*解題

二巻  444

 Ⅱ 『各地来場書止控』

 Ⅲ 大取次関連文書

 Ⅳ 有縁書店(東京)関連文書

*「来信状目録」(17頁)

*解題

 

【第二回配本】2017年 10月刊 978-4-907236-67-0 

三巻 約360 頁

 Ⅴ 博文館関連文書

 Ⅵ 出版社(東京)関連文書

 Ⅶ 長野県内書籍取引関連文書

*解題

四巻 約230

 Ⅷ 高美書店関連雑件

*解題

 

【第三回配本】2018 年 4月刊 978-4-907236-68-7 

五巻 約320

 Ⅸ 教科書販売契約関連文書

六巻 約300

 Ⅸ 教科書販売契約関連文書

*収録順資料目録 (約12頁)

*解題

編・解題ー 和田 敦彦・柿本 真代・河内 聡子・新藤 雄介・

            田中 祐介・中野 綾子・西尾 泰貴・森山 祐子

造  本ー A5 判・上製函・総約 2,100 頁

揃  価ー 132,000 円(各巻 22,000 円)

『明治期書店文書―信州・高美書店の近代(出版流通メディア資料集成(五))』内容見本
『明治期書店文書―信州・高美書店の近代(出版流通メディア資料集成(五))』1-7
PDFファイル 7.8 MB
『明治期書店文書―信州・高美書店の近代(出版流通メディア資料集成(五))』8-1
PDFファイル 5.5 MB