書誌・出版史・書物メディア史のシリーズ * 文圃文献類従 67 * 

  

日本児童雑誌編集者会機関誌『鋭角』

―高度成長期のマンガ・出版・読書

 

編・解題竹内 オサム  【全二巻・別冊】[編集復刻版]

―本書の特徴―

①1950年代は、子ども雑誌がマンガ掲載量を増やし、

 マンガ雑誌へと変貌していく時期であった。

 月刊誌から週刊誌の時代へ、編集者とマンガ家が共存。

②戦後マンガ文化を形成していく過程が、

 本書を読むことでつぶさにわかる。

 本書は1959年の少年週刊誌創刊、

 1965年の少女週刊誌創刊を記録しており、

 戦後のマンガ状況や編集者の活動を知ることができる。

③子どもの読書実態が数多く誌面に掲載されていて、

 読者論としても有用な資料。

 

 

漫画の比重が急速に高まって行った高度成長期児童雑誌を照射。 

『鋭角』は、戦後マンガ文化を考える際の必読資料。

第一巻(288頁)

『鋭角』1~43号

(1955年9月~59年12月)

第二巻(240頁)

『鋭角』44~91号〔※72、78欠号〕

(1960年1月~70年7月)

 

別冊(50頁)

ISBN 978-4-909680-23-5(別冊のみ分売可1,000円)

 *解題・総目次・索引・推薦文

編・解題ー竹内 オサム(同志社大学教授)

推  薦ー宮本 大人(明治大学国際日本学部准教授)

造  本ーA5判・糸上製函/並製(別冊のみ)・総578頁

刊  記ー2019年2月

揃  価ー41,000円 ISBN 978-4-909680-22-8