井川 充雄―監修  【編集復刻版】 

戦時末期敗戦直後 新聞人名事典―附・日本新聞年鑑1946

 

1941 年12 月、日米開戦直後に公布された新聞事業令によって、

政府の意のままに新聞社の統廃合を行うことが可能となり、一県一紙体制が成立した。

一方、統制を逃れ、「外地」に新天地を求めるものも少なくなかった。

敗戦後、統制は撤廃され、各地域に新興紙が誕生。

こうした動きは、自ずとそこで働く新聞人・記者の流動化を促した。

本書により戦中・戦後を貫く新聞文化メディア人の移動・異動を見通すことが可能になる。

 

【第一巻】約320 頁

『報道戦士』(日本新聞会、1942 年8 月)

「内地新聞人名簿〔昭和19 年4 月〕」 (『日本新聞会便覧』日本新聞会、1944 年12 月)

*人名索引 監修のことば

 

【第二巻】330 頁

『新聞要覧―昭和21 年版』(外務省情報部、1946 年3 月)


造  本―A5 判・上製函・総約650 頁
刊  期―2015 年12 月
揃  価―40,000 円 ISBN978-4-907236-50-2


『戦時末期敗戦直後 新聞人名事典―附・日本新聞年鑑1946』内容見本
『戦時末期敗戦直後 新聞人名事典―附・日本新聞年鑑1946』内容見本.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 5.1 MB