*現代社会・文化史資料*

編・解題―石川 巧

 

『国際女性』―占領期女性雑誌メディア

 

●◯● 本書の特徴 ●◯●

 

1.関西文化圏に関わりの深い政治家、学者、文化人、作家、芸術家などの言論を幅広く収載

 

2.いち早く誌名に「国際」という表現を冠し、世界の女性事情や文学作品に描かれた女性の生きざまを掘り 

  下げ、女性読者の意識向上を企図

 

3.戦後に施行された日本国憲法が定める男女平等の理念を社会生活のなかで実現していくための方策を

  議論・模索

 

4.京都における婦人運動の動静を伝え地域に根ざした活動を展開

 

5.新憲法のもとで定められた男女平等の原則を漠然と訴えるのではなく、姦通や離婚といった具体的問題

  に還元して議論

 

6.京都の街並み、歴史、伝統、文化を紹介するとともに、戦時中、様々な制約をかけられていた芸能の復

  興などに尽力

 

編・解題―石川 巧(立教大学文学部教授)
造     本―A5判・上製函糸・総376頁
刊  記―2017年1月
価     格―22,000円+税
     ISBN978-4-907236-60-1

 

 
『国際女性』創刊号~7号〔第3号欠〕
(国際女性社、1946年7月~1947年10月)
    *新組附録資料
   解題、総目次/著者名索引

『『国際女性』―占領期女性雑誌メディア』内容見本
『『国際女性』―占領期女性雑誌メディア』内容見本1-4.compressed.p
Adobe Acrobat ドキュメント 6.2 MB