* 図書館学古典翻訳セレクション9*

フランセス・クラーク・セイヤーズ 著/藤野 寛之(阪南大学教授)訳

 

 

児童図書館員

アン・キャロル・ムーアの生涯

 

 

 

ムーアは波乱に富んだ人生を送ったわけではなかったが,

本書からは自分の仕事に対する情熱や誇り,

仕事に取り組む真摯な姿勢がひしひしと伝わってくる。

 

セイヤーズは本書「まえがき」で,

ムーアの人生をアイザック・スターン,パブロ・ピカソに比していた。

わが国では,自伝を例外として,

翻訳作品としては図書館員の伝記作品はほとんど出されていない。

 

図書館史の研究を進めてゆくうえで,図書館の歴史のみならず人物研究もまた,

図書館員の生きた記録として重要であろう。

 

イギリスの図書館員の伝記作品『エドワード・エドワーズ』(金沢文圃閣,2008)と

比べて読んでみると,時代的・文化的な差異,など別の発見もあるだろう。

(訳者あとがきより)

 

●著―フランセス・クラーク・セイヤーズ(F.CSAYERS )

●翻訳藤野 寛之

A5判・上製・書袋入・272頁(付年表・索引・略歴

●全1巻・10,000

2018年発行 ISBN978-4-907236-98-4

 

※本書は文化庁の許可を得て刊行するものである 

『児童図書館員アン・キャロル・ムーアの生涯』内容見本
『児童図書館員アン・キャロル・ムーアの生涯』内容見本.pdf
PDFファイル 1.7 MB