*文圃文献類従 63[編集復刻版] 大尾侑子  編・解題

 

カストリ雑誌考【完全版】    【全一・別巻】

 

 

戦後70年が過ぎ、「平成」という一時代が終幕を迎えるいま、

〈敗戦/終戦〉の記憶を刻み込んだ「カストリ雑誌」は、

文学研究、メディア研究、都市研究、社会学、美術史といった

学際研究の先端においてその存在感を放っている。

 

                 愛書家・古書店経営者として知られる斉藤夜居(1924‐1988)が

            私家版で発行した戦後カストリ雑誌に関する論考を編集し、一考に成。

        付録資料として、本書で引用したカストリ雑誌の出版状況がわかる記事を収録。

               「趣味」として発行された限定ガリ版誌を「研究」資料として、

                               ここに共有資源化する試み。

 

「カストリ雑誌研究の嚆矢」として

後続の研究に大きな影響を与えてきた本資料。

しかし、限定本ということもあり、現物へのアクセスは容易ではなかった。

今回の復刻刊行は、まずもってこうした重要文献の死蔵を防ぎ、その公開性を高める。

 

 

1巻(274頁)ISBN 978-4-909680-02-0 

『カストリ考―肉体小説と生活風俗より見た戦後のカストリ雑誌』(此見亭書屋、1964年)

『続・カストリ雑誌考』(此見亭書屋、1965年)

 

 別巻(78頁)ISBN 978-4-909680-03-7(別巻のみ分売可2,000円)

附録資料

愛住三郎「カストリ雑誌興亡史」

 (「秘版 艶本の研究」『別冊・人間探求』1952年5月号、第一出版社)

笠野馬太郎編「戦後取締られた風俗出版物総目録」

 (『近世庶民文化』21号、近世庶民文化研究所、1954年2月)

笠野馬太郎編「続 取締られた風俗出版物」

 (『近世庶民文化』21号、近世庶民文化研究所、1954年4月)

内容見本

『カストリ考―肉体小説と生活風俗より見た戦後のカストリ雑誌』

『続・カストリ雑誌考』

 

新組附録資料

解題「『カストリ雑誌考【完全版】』復刻の意義と斉藤夜居の仕事」

出版社名/雑誌名索引

 

 

編・解題ー大尾 侑子(日本学術振興会特別研究員PD)

造  本ーA5判 糸上製函/並製(別巻のみ)

     総352頁

揃  価ー20,000円

『カストリ雑誌考【完全版】』内容見本
『カストリ雑誌考【完全版】』内容見本.pdf
PDFファイル 4.9 MB